メインイメージ画像

条件に合った貸し倉庫を見つけよう

住む所を探す時に、1件しか見学しない人は少ないはずです。何件か下見をしてから決めますよね。だけど、貸し倉庫の時は面積が広い所もあります。物件の1件1件が遠かったり、違う地域にあったりするため、1日で見学できる数は限られてきてしまいます。契約する側としては、いかに手軽に近場で条件に合った物件を探せるかが重要だと思うので、できれば近くで条件に合った物件を探したいでしょう。不動産屋さんにそのまま相談する事もできますが、サイトでも貸し倉庫は膨大な数が見る事が可能です。

ウェブで最初に家賃の相談ができるか、工事できるか等聞いてから下見に行くと、その時に相談しやすいでしょう。時々、物件が老朽化しているため賃料を安くしてもらい、浮いた費用で建物を直し、新しい倉庫に建て替えたという話も耳にします。交渉しなかったら、費用も建物も変わらなかったかもしれません。首都圏にいっぱいあるトランクルームの様な貸倉庫ですと、料金や約束事に厳しい所が多いと聞くので相談も困難だと思います。多少こだわりが時は、不動産屋さんが持っている貸倉庫物件の方が確実だと思います。

メインイメージ画像



家を借りるのと同じく、貸し倉庫を契約する際にもある程度の費用がかかります。特に貸し倉庫の際には、数カ月分の賃料を前払い、事務手数料や保証金等もかかる事があり、そこそこ諸経費はかさみます。その他に、貸し倉庫によっては火災保険等の加入が必要な所もあり、諸経費は増える一方です。レンタル型でない不動産屋さんが扱っているような貸し倉庫でも、当然敷金礼金等がいる建物もあり、そこそこ出費は高くなるのが現実です。けど、レンタル型やビル型・コンテナ型だと、自社ビルや土地のみで運営してる物件も多くあり、費用を安くする事ができます。

その事により、料金がそんなにかからない貸し倉庫も増えてきました。それに加えて、荷物を無料で引き取りに来てくれたり送ってくれるサービスをしている業者もあります。不動産屋さんで契約すると、引っ越し屋に荷物の運搬をしてもらわなきゃいけないので、更に料金がいります。そういう面ではレンタル型やコンテナ型の方が出費は少なくなり、更に荷出しも手軽で、ずっと使えるはずです。

更新情報