メインイメージ画像

時間をかけずに移転する方法

保管書類等が置けなくなってきて、現在借りている貸し倉庫に収まりきらなくなったり、事業拡大に伴い大きい貸し倉庫に移転したい際には、更に新たな貸し倉庫をを借りなければなりません。時間をかけずに移転するには、現在の貸倉庫の解約手続きと合わせて新しい倉庫の契約が必要です。解約するには、当たり前ですが事前の申し出が必要なので、契約書に記載されている日までに連絡が必要です。その際に、退去費用が出てくる時もあります。ごく稀ですが、倉庫内で問題があると、退去費用が発生する業者もあるので、事前に確認をしておいた方が心配ないと思います。

また、賃料も日割りになるのか1カ月分支払うのかもオーナーさんによって違うので、退去費用の見積もりもしっかり出してもらった方が良いのではないでしょうか。その他に、荷物を運んでくれるサービスをしている業者もありますので、移転の際には手間をかけないためにもありがたいサービスだと思います。新しい倉庫は、すぐ契約してすぐ退去できる倉庫もあるので、すぐに決めなくてもひとまず、そういう業者を利用するのも便利だと思います。倉庫の引っ越しにも、貸し倉庫を使う策もあるので、上手に利用してみてください。

空き巣や盗難事故が増えている近頃では、貸し倉庫でもセキュリティ面は結構意識しています。

メインイメージ画像

鍵の貸し倉庫の他に、カードキーの貸し倉庫もあり、他に、オートロックという業者も普通になりました。いつでも荷出しができる倉庫でも、夜以外は警備員や管理人をつかせている業者もあります。鍵のみの業者と比較すると信頼できると思います。それと、アパートやマンション同様に新規で借りた時には鍵の交換をしてくれる管理会社もあります。

ちょっと交換料はかかりますが、新しい物にしておいた方が安全だと思います。もちろん、無人の所もたくさんありますが、ここのところは警備会社にお願いしている貸し倉庫も多いので仮に何かあった時でもきちんと対処できるようになっています。あなたの事務所や会社で保管するのも目の届く範囲に大事な物があって安心だと思いますが、近頃の貸し倉庫は防犯面に注目しているようなので、あまり使用しない物は、貸し倉庫に置いておいた方がたぶん良いではないでしょうか。

更新情報