メインイメージ画像

一番気になる賃料

物件を探す時にまず気にするのは、やっぱり費用だと思います。通常のマンションやアパートと同様、新しく設備が整っていると高い傾向にあります。あと、そこまで設備がない荷物を置くだけのような場所でも都内や主要都市近隣だとわりと高い物件が若干あります。それに、多少会社から離れていても、費用が安い場所で数人雇った方が安くなるパターンもあります。在庫管理だけでしたら、人を用意しなくても会社から車を出せば安くつきます。

そんな感じで上手に倉庫を使用している会社が増えてきていると言われています。大家さんがいて不動産屋さんが管理している倉庫物件は、料金の相談ができるはずですが、主要都市近辺の狭い複合トランクルームみたいなタイプだと、やっぱり賃料交渉はしにくいです。だけど、そういった所だとキャンペーン等をやっている事もあり、期間内に契約すれば特典がつく事もあります。どちらが得な話かは使い方によって異なってくると思いますが、チェックしてみるのも良いと思います。

貸し倉庫を借りる時の気をつけなければならない事は数多くありますが、1番気をつけたいのはやっぱり値段だと思います。
メインイメージ画像

最近ではビル型の貸し倉庫を簡単に借りる事ができますが、安すぎる業者が増加しているようです。けれど、そういった所ですとセキュリティ面や設備面ではそんなに良くない貸し倉庫もたくさんあります。一例をあげると、安全対策がなってなかったり、空気の入れ替えができなかったりですね。あと、小さい所で安価な貸し倉庫は、エレベーターや通路が狭く荷出しが困難な物件もあります。安いからといって、すぐに選ぶのはあまり良くないと思います。

更に、預けられない物も貸し倉庫によってはあります。仮に預けてはいけない物を置いた場合、貸主に支払わなければならない費用がかかったり、周りの倉庫を借りている方々にも迷惑となりますので、最初に置く物が問題なく置ける物なのかのチェックはしましょう。気をつける点は数多くありますが、絶対に下見をして契約書に書いてある通りに使っていれば問題も起きないはずなので、事前に聞いておきましょう。

更新情報